冬こそ保湿!美容オイルでうるツヤ肌に

       
コスメ
スキンケア コスメ

皆さん冬のスキンケア、してますか?
冬になると冷え込むし乾燥で肌はカサカサするし…

化粧水と乳液だけじゃ保湿が足りない!なんて方も少なくないはずです。
今回は、「美容オイル」を使ったスキンケアについてお話ししていこうと思います。

オイルでスキンケアできるの!?って思われる方や、少しハードルが高いな…って方もいると思います。美容オイルの取り入れ方や向いている肌質、おすすめの美容オイルのご紹介もしていきます!

美容オイルを使ったスキンケア方法

美容オイルを使ったスキンケア方法は大きく分けて3種類あります。

  1. クレンジングとして使用する
  2. ブースターとして洗顔後、化粧水をつける前に使用する
  3. クリームや乳液の代わりに使用する

この3つのスキンケアの取り入れ方や、どのような効果があるのかご紹介していきます!

クレンジングとして使用する

クレンジングはメイクをしている方なら欠かせない工程ですね。洗顔前に行うクレンジングはオイルや泡タイプ、ふき取りシートなど色々な種類があります。

一般的なクレンジング、特にクレンジングオイルは大半の商品が合成界面活性剤という物質が配合されているんです。合成界面活性剤は石油をもとに作られている物質で、物質の性質を変えて汚れを落とすのですがその洗浄力がとても強いんです。

メイクどころか肌のうるおいまで一緒に落としてしまい、突っ張るだけならまだ良いのですが肌が弱い方はそもそもその洗浄力に肌が耐えられずに荒れてしまうなんてことも。
そこでおすすめしたいのが”美容オイル”を使ったクレンジングです。

美容オイルはクレンジングオイルに比べて純度が高いので肌の負担も抑えつつ、肌の水分も失わないので洗い上がりがもっちりします。

ブースターとして使用

ブースターというと導入化粧液などが思い浮かぶ方も多いと思いますが、美容オイルもブースターとして使えるんです!

容器のタイプにもよりますが3、4滴を手に取って温め、肌に馴染ませてあげてから化粧水などのスキンケアをすると本当に肌が柔らかく、まさに”うる艶”になります。美容オイルをブースターにすると”エモリエント効果”で肌の水分蒸発を防ぎ、柔らかくしてくれるんです。

筆者もこれを知ってからは、ずっとブースターとして美容オイルを使っています!

クリーム・乳液代わりに使用

こちらも原理はブースターと同じで、エモリエント効果で肌を柔らかく仕上げてくれます。乳液やクリーム代わりに使用するのでブースターとは違い、1、2滴で十分です。

ブースターと同じように手で温めてから馴染ませてあげると、肌の表面が覆われているような状態になるので蒸発による乾燥が防げます。

筆者の友人がとんでもない乾燥肌で、スキンケアをしっとり系にしても粉吹いてしまっていたのでブースターと乳液代わりでおすすめしたところ、かなり改善されたそうですよ!

実は脂性肌さんにもオイルはおすすめ

私は脂性肌だからオイルとは縁がないな…と思っている方、いませんか?
実は、脂性肌さんにもオイルがおすすめできる場合が2パターンあります。

脂性肌だよっていう方も、当てはまっていないか是非チェックしてみて下さいね。

皮脂対策しているのに逆に皮脂が増えている

皮脂の対策したのに何でテカっているんだろう…なんてことありませんか?
それは恐らく皮脂の過剰分泌です。

まず皮脂の過剰分泌に関してですが脂性肌用の強い洗浄力の洗顔料などを使うと、肌を保護するのに必要な皮脂まで洗い流されてしまいます。

皮膚はこれをカバーするために皮脂をたくさん分泌した結果、皮脂対策したのにすぐテカってくる…なんていうことに陥ってしまいます。
それを防ぐには実は美容オイルがちょうどよくて、肌の水分量を適切に整えてくれます。

皮脂対策しても皮脂がすごい…って方はぜひ小さいオイルを買って試してみてください。

角栓

乾燥肌さんよりも脂性肌さんに多いのが、角質のお悩み。
特に鼻や顎がイチゴのようにぷつぷつしていると、せっかくのメイクもなんだか微妙に見えてしまいますよね。

ぷつぷつが気になるときは、ホットタオルをしてからオイルを手で温めて、気になるところを優しくクルクルしてからぬるま湯で乳化させて洗い流すとスッキリします。

1週間も続ければ、毛穴もかなり小さくなりますので角栓が気になる方にも実はおすすめです!

おすすめの美容オイル3選

ここまでは美容オイルの取り入れ方やどのような効果があるのかお話してきました。

美容オイルが肌にいいのは分かったけど、どれを使えば良いのか分からない…なんて方や、新しい物に挑戦したい!なんて方にもおすすめできる美容オイルを3つご紹介します!

超定番の美容オイルから、デパコスのご褒美オイルまで人気のものや筆者の実際に使って良かったものなども織り交ぜていますので是非チェックしてみてくださいね。

無印良品 ホホバオイル

学生から主婦層、年配の方まで誰にでもおすすめできるのが無印良品のホホバオイルです。

スキンケアはもちろん、ヘアケアやマッサージオイルにまで使えてしまう万能なオイルで発売から年月が経った今でも多くの人に愛されています。

オイルの伸びも良いので、顔だけでなくマッサージなどに使ってもなかなかなくならないのでコスパが良い事でも有名なんです。

最初に金額をご紹介した100mlの他にも小さいサイズや大きいサイズもありますので手に取りやすいのもありがたいですね!

匂いもないのでオイルを使ったことがないという方にもおすすめです。

無印良品 ホホバオイル
容量:100ml
参考価格:¥1,590

MINON アミノモイスト エイジングケア オイル

敏感肌のスキンケアでお馴染みのMINONから出ているオイルです。

最近はInstagramを中心に”石原さとみオイル”なんていう名前で流行っていたりもします。

エイジング用と謳っているだけあって、とにかく保湿力が高くて今回ご紹介するオイル3種類の中で一番しっとり仕上がる物ではないかと思います。

保湿力が高い分、人によってはべたつきを感じる方もいるかもしれません。

気になった際は薄くつけたり、軽くティッシュオフをしてみてくださいね。

MINON アミノモイスト エイジングケア オイル
容量:20ml
参考価格:\1,466

RMK Wトリートメントオイル

筆者がここ2年くらい愛用し続けていて、本当に自信を持ってオススメできる美容オイルです。

値段が少し高めだな、と感じますがブースターとして使用する分には3、4滴しか使わないので半年経っても使い切ることができなかったので長い目で見ればお得かな、と思います。

このオイルをブースターで使うと本当に化粧水がぐんぐん引き込まれますし、何よりも朝起きると乾燥しまくりのお肌がもちもちでした。

2層を振って混ぜてから使うのが少し面倒ですが、翌日の肌の仕上がりとコスパの良さで既に3回リピートしています(笑)

香りもオイル独特のこっくりとした香りではなく、爽やかなシトラスの香りで心なしかリラックスできます。

さすがデパコスなだけあって、配合成分はとにかく豪華なので予算5000円までなら…という方にはぜひ試していただきたいです。

RMK Wトリートメントオイル
容量:50ml
参考価格:\4,400

まとめ

今回は美容オイルの取り入れ方やおすすめの美容オイルについてお話してきました。

冬は特に乾燥しますので、いつものスキンケアじゃ物足りない…という方はぜひブースターや乳液の代わりとしてオイルを取り入れてみてはいかがでしょうか。

肌の水分の蒸発を抑えてくれるだけで、肌のかさつきがかなり改善されるかと思います。

美容オイルは本当に種類がたくさんありますが、ここでご紹介した3つはSNSでも評判が良いので気になった方はぜひ使ってみてくださいね。

ちなみに筆者は個人的にはやっぱりRMKのオイルがコスパ的にも肌の仕上がり的にもお気に入りです(笑)

コメント


週間アクセスランキング

【100均】セリアの誕生日飾り付けが激かわ!バルーンやガーランドなどオススメ紹介
業務スーパー「アサイーバナナブレンド」は食べやすくてコスパも最高!カロリーやアレンジレシピ紹介
【夢占い】知らない人とセックスする夢など相手・場所別意味25選
コストコ「さくらどり胸肉」価格も質も最高!パッケージそのままで冷凍保存も可能だから大容量でも安心
【2024】焼肉きんぐ「食べ放題ランチ」平日・土日の料金や時間は何時から何時まで?
【焼肉きんぐ】890円と980円の定食ランチはお得?ランチ時間や定食メニュー紹介 米のお替りと肉の量がメニューの決め手
【6選】授業参観の服装のポイントとユニクロで揃える30代40代女性おすすめコーデ
コストコのメルマガが届かない!3つ原因と解決方法を解説
ダイソーのスマホ用三脚&自撮り棒が500円と思えない優秀性能で旅行で使える!Bluetoothリモコンの使い方と撮影画角検証
【11選】ダイソーのお弁当箱が凄い!弁当箱のサイズの選び方やおすすめ弁当箱
タイトルとURLをコピーしました