30~40代主婦におすすめの仕事!結婚式場「ウエディングバトラー」のお仕事とは?

       
お金・仕事
お金・仕事

子供が大きくなって子育てに手が掛からなくなると、「そろそろ週に1〜2日くらいパートで働けないかな?」と
と考えることはありませんか?

内職や在宅ワークもいいですが、人と話すことや接することが好きな人であれば、週一回ぐらいの間隔で外の空気に触れられるお仕事を希望される方におすすめしたいお仕事があります。

それは「結婚式場のお仕事」です。

結婚式場のスタッフの「ウェディングプランナー(営業)」や「オフィスサポート(事務全般)」は、社員ですが、その他の仕事は、パートナー(外部業者)やアルバイト・パートで運営されている事が多いんです。

現在筆者は、結婚式場でオフィスサポートの仕事をしていますが、平日は少ないスタッフで、閑散としています。
しかし、結婚式のある日は、たくさんのパートナーさん、アルバイト・パートさんでとても賑やかで活気にあふれるのです。

みなさん、結婚式のある時だけの出勤です。
結婚式があるのは、ほとんど土日や祝日ですが、お仕事で結婚式の幸せのお裾分けが頂けるのは、魅力的だと思いませんか?

今回は、そんな魅力的な結婚式場のお仕事をご紹介します。

40代前後の主婦が多く働いている

40代前後の主婦が多く働いている

結婚式場では、多くのスタッフが働いています。
キッチンシェフ、パティシエ、メイク、フラワープランナー、カメラマンなど様々な職種がありますが、専門的な職種は「外部業者」です。

外部業者以外で、アルバイトやパートで構成されている職種は、大まかに2つあります。
サービススタッフとウェディングバトラーです。

①サービススタッフ

料理を出したり下げたりする配膳のお仕事を行います。

②ウェディングバトラー(お客様係)

ご来館から退館まで1日お客様に寄り添ってサポートするお仕事です。
サービススタッフは、学生アルバイトが多いですが、ウェディングバトラーの方は、40代前後からそれ以上の主婦層の方がパートで働かれていることがほとんどです(特に親御様専属になるとその傾向が強い)。

ウェディングバトラーのお仕事内容

ウェディングバトラーのお仕事内容

バトラーとは、もともとイギリスの上流階級の使用人のことを表し「上流執事」を意味します。高級ホテルなどでは、お客様にかかりっきりでお世話をする人をバトラーと呼んでいて、ウェディングバトラーというお仕事は、結婚式当日、新郎新婦のお客様にかかりっきりになります。

特に親御様専属になると新郎新婦の親御様に一日お側で寄り添ってお世話します。
親御様専属のウェディングバトラーの主な仕事内容は、結婚式場によっては、多少の違いはあるかと思いますが、概ね下記の通りです。

  • お出迎え
  • 一日の流れの説明
  • 親御様の控室にご案内
  • お父様のモーニングのお着替えサポート
  • ご予約頂いているお母様のお着物着付や美容のご案内
  • 親族紹介の司会
  • ゲストの受付手引き
  • 会場移動のサポート
  • 挨拶回りや注ぎ回りのお手伝い
  • ご退館

までをサポートします。

なぜ主婦に向いている仕事なのか

なぜ主婦に向いている仕事なのか

親御様も新郎新婦同様にお客様(ゲスト)をお招きするホスト側になります。
新郎新婦は、打合せを重ねて結婚式を作っていくので一日の流れなどを把握していますが、親御様は当日まで式の内容を知らない方がほとんどです。

お招きするホストでありながら何も知らないのは不安です。
そんな不安な気持ちに寄り添ってサポートする親御様専属のウェディングバトラーは、同じ立場に近く、話し相手として寄り添える人が求められます。そのためウェディングバトラーの仕事には、主婦の方が向いているのです。

確かに20代の人でも気遣いが出来、同じように寄り添うことできる方はいます。
しかし、もし私が親御様の立場であれば、同じ様な年齢や主婦層の人の方が話やすく何より安心感があるのではないかと思います。

ウェディングバトラーの必要スキル

ウェディングバトラーの必要スキル

特別なスキルは必要ではありませんが親御様専属のウェディングバトラーは、親御様がご安心して過ごせるような接客が必要になります。

例えば、親御様が特にご心配されているのは、一日の流れはもちろんの事、ご来賓への気遣い、高齢者のフォローなどです。
お招きしているゲストの情報など確認し親御様にお伝えするコミュニケーション力も必要になります。

しかしながら、難しく考えず基本的な接客が出来る方であれば、仕事をしながら言葉使い、姿勢、所作、マナーを身につけることが出来るでしょう。

結婚式場の仕事の働きやすさ

私の勤めている結婚式場の場合をご紹介します。

シフト制で前月にいつどのくらい出勤できるかの予定を組みます。
急な家の用事で休むこともあるでしょう。
その時は分かり次第早めに連絡入れておけば大丈夫です。

休憩は、結婚式の最中にタイミングを見ながら交代でとります。
わからないことは、先輩ウェディングバトラーがやさしく教えてくれますし、もし間違えてお客様を案内してしまったなどのミスも皆さんお互いさまでカバーしあっています。

時給は、1,250円前後、年に一度昇給があります。
アルバイト平均時給が1,224円(参考資料:マイナビキャリアリサーチLab23年10月)ですので、平均的と言えます。

おわりに

私の勤める結婚式場の親御様専属のウェディングバトラーは、元CA、お片付けコンサルタント、バトラーの掛け持ちをされている人、もちろん専業主婦の方など様々いらっしゃいますが、もう長くベテランさんばかりです。

仕事柄なのか、元々の性格なのか、とても気遣いのできる方々ばかりで、助け合いながら仲良く楽しくお仕事されています。
週に1〜2日だから無理なく長く続けられていると聞いたこともあります。

そんなベテランの方から直接結婚式の知識やマナーが学べるのは、心強いです。
私は事務職なので実際現場には出ていませんし異業種からの転職で結婚式のマナーなどは全く知りませんでしたが、いろいろ教えて頂いています。

また、ウェディングバトラーの皆さんの立ち姿も綺麗で、所作や言葉遣いにも品があります。
お客様が気持ちよく過ごせるようにおもてなしをするということは、自分自身にも気遣うようになるのでしょう。
そんな姿を見ていると自然と自分も綺麗に見せたいと思うようになります。自分磨きにもなり、ますますきれいになれるのではないでしょうか。

また、結婚式というハッピーなシーンに立ち会えるのは、自分自身もハッピーな気持ちになります。感動して、もらい泣きしたという話も聞いたことがあります。

普段の生活においても自然と言葉遣いや気遣いが出来るようになり、豊かな心持ちでいられるのは自分にとっても家族にとっても嬉しいことです。
結婚式場のお仕事をお仕事候補に加えてみてはいかがでしょうか。

コメント


週間アクセスランキング

【2024】焼肉きんぐ「食べ放題ランチ」の平日・土日の料金や時間は何時から何時まで?
【夢占い】知らない人とセックスする夢など相手・場所別意味25選
【100均】セリアの誕生日飾り付けが激かわ!バルーンやガーランドなどオススメ紹介
【コストコ】刺身用天然赤海老 頭と殻まで使い切るおすすめレシピを紹介
コストコ「アトランティックサーモンフィレ」値段は高いけど”新鮮で濃い”のが魅力!切り分け方や冷凍保存方法を紹介
コストコのメルマガが届かない!3つ原因と解決方法を解説
ダイソーのスマホ用三脚&自撮り棒が500円と思えない優秀性能で旅行で使える!Bluetoothリモコンの使い方と撮影画角検証
【脳トレ】「熊」の中に1つだけ似ている漢字はどこ?何秒で見つけられた?
シャトレーゼの誕生日ケーキ・ホールケーキの予約方法や値段は?半額で買える裏技も紹介​
コストコの個包装おすすめお菓子!子ども達へのばらまき用に便利
タイトルとURLをコピーしました