子育て中の共働きはしんどい。女性の家事分担割合やしんどい時の対処法

       
お悩み
子育て中の共働きはしんどい? お悩み

共働き世帯が増え続ける現代社会において、多くの家庭で共通の悩みとなっているのが、仕事と育児の両立の難しさです。

この記事では、共働きが増えている背景やその理由、共働きのメリット、デメリット、そして共働きに対するストレスやその解決策について詳しく解説します。

共働きしながら子育ても両立し奮闘する親にとって、自分たちの生活を見直し、改善するためのヒントを得ることができるでしょう。
また、社会全体が共働き家庭をサポートするための意識改革に繋がることを期待しています。

子育て中の共働き世帯は増加傾向

近年、共働き世帯が増加傾向にあるのは、経済的、社会的な変化が影響しています。
女性の社会進出が進み、経済的な理由やキャリアの追求から、夫婦双方が働くことが当たり前とされるようになりました。

また、生活コストの上昇や教育や育児にかかる費用が増加し、双方の収入が必要とされることも、共働きの増加に繋がっています。

共働き世帯の割合と収入は

共働き世帯の割合や共働き世帯の収入を以下にまとめました。

共働き世帯の割合

 

「マイナビ ライフキャリア実態調査2023年版(ライフ編)」を発表
出典:マイナビ

 

マイナビ ライフキャリア実態調査2023年版の16歳〜64歳の既婚者を対象にした調査によると、共働き世帯は73.6%と全体の半数以上を占める結果となりました。

共働きの理由として、「子どもを育てるのにお金がかかる」や「経済的な不安があるから」などの理由で共働きをしている世帯が多いようです。

共働き世帯の収入

 

共働き世帯の収入
出典:マネコミ

 

共働き世帯の世帯収入としては、年収400万円〜499万円が最も多く、次いで500万以上の収入のある世帯が多い傾向にあります。
共働き世帯の年収の中央値は、600万円〜699万円となっています。
これは、夫婦ともに正社員なのか、どちらかがパートや時短勤務なのかによっても金額に差が出るようです。

子育て中の共働きはしんどい?

子育て中の共働きはしんどい?

子育て中の共働き世帯にとって、仕事と家事の両立の難しさが問題となっています。

両親が共に働いているため、子どもと一緒に過ごせる時間が限られ、家事や育児の負担が増加します。
社会全体が子育てや育児を支援している一方で、家事や育児の負担は、女性に偏りがちなのが現実です。
これが「共働きがしんどい」と感じる原因の1つです。

育児と仕事の両立は、時間的、精神的な負担を増加させ、多くの親にとってストレスの原因となっています。

2022年の社会生活基本調査によると、6歳未満の子どもを持つ夫婦の家事関連に関わる時間を比較した場合、年々、男性が家事育児に関わる時間は増えているものの、女性の家事育児時間と比べると、半分以下の時間となっています。

 

6歳未満の子供をもつ夫婦の家事関連時間
出典:日本生命

 

この調査結果から、圧倒的に女性の家事育児に対する負担が大きく、家事育児に関わっている時間が多いことが分かります。

その背景には今だ、男性は外で働き、女性は家事育児という役割があるように思えます。
女性のキャリアアップや社会進出が一般的になってきているとはいえ、男性が中心とした社会構造が根強く残っているのが現状です。

共働きの良い点

共働きの良い点

1. 経済的な安定

共働きによる収入は、経済的な安定に繋がり、子どもの教育や家族の生活の質の向上に貢献します。
収入が増えることで、子どもの教育や習い事などの様々な活動においての選択肢が増え、家庭のニーズに対応しやすくなります。

2.キャリアアップ

自分の興味や能力に基づいてキャリアを形成し、自身の成長に繋がります。
キャリアを追求し、自立した生活を送ることは、生活に対する充実感や満足感を高めます。

3. 社会との繋がり

働くことで、個人が社会と繋がることができ、社会的スキルや人間関係を育む機会を得ることができます。
職場は、交渉、協力、コミュニケーションといった社会的スキルが身に付く場です。
これらのスキルは、職場だけでなく、日常生活や家庭内での関係構築においても重要な役割を果たします。

4.子どもへの良いお手本

共働きの両親は、子どもとって自立と努力の重要性を示す良いお手本となります。
親が家族のために働く姿を見せることで、子どもたちは労働の価値や責任感を学ぶことができます。
また、両親が共働きである家庭の子どもたちは、自己管理能力や協調性が高まるとも言われています。

共働きのしんどいところ

共働きのしんどいところ

1.子どもとの時間が減ってしまう

共働きの大きなデメリットの1つは、子どもと過ごす時間が減少することです。
子どもの成長過程において、親との関わりは重要です。
両親が仕事と育児に追われていると、親子のコミュニケーションの時間が必然的に少なくなります。
家事や他のタスクを効率化することで、子どもと過ごす時間を増やす、週末や休日は家族で過ごすなどして、意識的に子どもと一緒に過ごす時間を作るようにしましょう。

2.夫婦の会話時間が減ってしまう

共働き世帯では、夫婦間のコミュニケーションが減少する傾向にあります。
夫婦の会話の時間が減ると、誤解が生じやすくなり、夫婦関係の質の低下に繋がる可能性があります。
就寝前の時間を会話の時間にするなど、意識的に2人の時間を作ることが重要です。

3.家事育児の負担の違い

どちらか一方の家事や育児の負担が大きいと、ストレスや疲労が増え、家庭内での不満やイライラが高まることがあります。
夫婦でよく話し合い、お互いを助け合いながら、協力して家事育児をするようにしましょう。
また、必要に応じて、家事代行サービスなどの外部からのサポートを取り入れることも1つの解決策となります。

4.職場の理解がない

多くの共働き世帯では、職場の理解が不足していることが問題となることがあります。
柔軟な勤務形態や育児支援が不十分な職場では、仕事と家庭の両立が一層困難になります。

共働き中の子育てがしんどい時の対処法

共働き中の子育てがしんどい時の対処法

完璧にこなさない

共働きでの仕事と育児の両立において、何でも完璧にこなそうとしないことが大切です。
何でも完璧にしようとすると、ストレスの原因にもなるので、家事や育児の優先順位を明確にし、重要なタスクに集中すると良いでしょう。
また、何もかも1人でやろうとせず、家族や周りの人を頼り、サポートをしてもらうことで、負担の軽減に繋がります。

夫婦の時間を作る

共働きであっても夫婦の時間を意識的に作ることは、ストレスの軽減、コミュニケーションの向上、そしてお互いの理解を深めるために不可欠です。
お互いの日々の出来事を共有し、悩みや喜びを分かち合いましょう。

リラックスする時間を作る

自分自身のための時間を設け、リラックスすることは、ストレスの軽減に繋がります。
家事や育児から離れて、趣味の時間を持つ、運動する、読書をするなどの1人の時間は、心身の健康を維持し、日々の活力を回復するのに役立ちます。
また、夫婦それぞれの趣味や興味を共有するのも良いでしょう。

家族や周りのサポート

家事育児は、家族や周りの人の協力が不可欠です。
家事や子どもの世話などの責任を共有することで、1人に負担が集中するのを防ぐことができます。

また、家族とのコミュニケーションを通じて、育児に関する悩みや不安を共有し、助け合うことが大切です。
さらに、地域のコミュニティなどは、情報交換や相互サポートの場となります。

こうしたグループに参加することで、育児に関する様々な情報を得ることもでき、、同じような状況にある他の親との交流は、精神的なサポートにもなります。

感謝の気持ちを持つ

家族や周りの人がしてくれるサポートに感謝することも重要です。
家事を手伝ってくれたり、育児に協力してくれたりすることに感謝を示すことで、家庭内のポジティブな雰囲気を育み、より強固な関係を築くことができます。
また、仕事と育児の中で頑張っている自分自身を認め、自己肯定感を高めることで、ストレスの軽減に繋がります。

家事の分担

家事をリストアップし、それを夫婦で話し合って分担することが効果的です。
誰がどの家事を担当するかを明確にし、定期的にその分担を見直すことで、共働きでの家事分担の公平性を保ち、無理のない家事負担を実現できます。

予定が変わったり、疲れていたりする日には、互いに助け合い、必要に応じて家事の分担を変更することが重要です。
また、家事の効率化もまた重要です。
例えば、一度に大量の料理をして冷凍保存したり、掃除機ロボットを使用したりすることで、家事の負担を減らすことができます。

家事代行サービスの利用

家事代行サービスの利用も検討する価値があります。
掃除や洗濯、料理などの日常的な家事を家事代行サービスを利用することで、時間の節約になり、その時間を家族と過ごす質の高い時間に充てることができます。
子どもとの遊びや教育、家族とのコミュニケーションにより多くの時間を割くことが可能になります。

勤務形態の見直し

共働きで仕事と育児を両立させるためには、勤務形態の見直しが効果的な対処法の1つです。
現代の労働環境は多様化しており、従来のフルタイム勤務以外にも、様々な働き方が可能になっています。
例えば、パートタイム勤務、フレックスタイム制、在宅勤務(テレワーク)、シフト制など、自分のライフスタイルに合った勤務形態を選択することで、仕事と家庭生活のバランスを取ることが可能になります。
仕事と育児のバランスについて、上司と話し合い、理解と協力を得ることが重要です。

まとめ

子育て中の共働き世帯は、現代社会において増加傾向にあり、多くの家庭が仕事と育児の両立はしんどいと感じる事も多く難しさに頭を悩ませています。

共働きによる仕事と育児の両立には多くの課題がありますが、家族や周りの人、社会全体のサポートや支援が、共働き世帯のバランスを保つ鍵となるでしょう。

コメント


週間アクセスランキング

【2024】焼肉きんぐ「食べ放題ランチ」の平日・土日の料金や時間は何時から何時まで?
【夢占い】知らない人とセックスする夢など相手・場所別意味25選
【100均】セリアの誕生日飾り付けが激かわ!バルーンやガーランドなどオススメ紹介
【コストコ】刺身用天然赤海老 頭と殻まで使い切るおすすめレシピを紹介
コストコ「アトランティックサーモンフィレ」値段は高いけど”新鮮で濃い”のが魅力!切り分け方や冷凍保存方法を紹介
コストコのメルマガが届かない!3つ原因と解決方法を解説
ダイソーのスマホ用三脚&自撮り棒が500円と思えない優秀性能で旅行で使える!Bluetoothリモコンの使い方と撮影画角検証
【脳トレ】「熊」の中に1つだけ似ている漢字はどこ?何秒で見つけられた?
シャトレーゼの誕生日ケーキ・ホールケーキの予約方法や値段は?半額で買える裏技も紹介​
コストコの個包装おすすめお菓子!子ども達へのばらまき用に便利
タイトルとURLをコピーしました