業スーのジェノベーゼソースが凄い!本場イタリア直輸入なのに驚きのコスパ!パスタ以外のアレンジレシピの幅も豊富で万能!

       
業務スーパー
業務スーパー「ペストジェノベーゼ(バジル)」 業務スーパー

美味しいパスタを食べたいけれど、家庭でパスタソースを作るのって結構手間がかかるものですよね。

手間をかけずに作るとなるとワンパターンになりがちになるし、こだわって本格的な美味しいものを作ろうとすると、いろいろと材料や調味料も揃えたり…と、手間、時間、コストもかかってしまいます。

特に私はジェノベーゼのパスタが好きなんですが、いざ作ろうと思うと
バジルをたくさん準備して、松の実を炒めて、ニンニクを刻んだり…考えるだけでも大変です。

手のかかる美味しいパスタはお店で食べるのが一番美味しくて楽ちんではありますが、好きなパスタを手軽にお得にお家でも食べたい!

今は、パスタソースもレトルトや瓶タイプのものなど、いろいろな種類が販売されいますし
ジェノベーゼソースも和えるだけでスグに使えるよう、ペースト状になって売られている商品もたくさん増えてきた気がします。
パスタ屋さんに行かずとも家で簡単に作って食べることができて、商品の選択肢が増えるのは嬉しいことですね!

今回、我が家も良く行く業務スーパーでも大好きなジェノベーゼパスタソースが売っていると知り、早速探しに行ってきました。

商品名は、「ペストジェノベーゼ(バジル)」という商品になります。

我が家の近所の業務スーパーで、ぺストジェノベーゼソースを探してみましたが
パスタソースコーナーにはみつけられず・・・

パスタソースコーナーではなく、ピクルスやブルスケッタが置いてある所に陳列

あれ?もしかしたら売り切れかな?と、念のため店員さんに確認したところ
なんと、パスタソースコーナーではなく、ピクルスやブルスケッタが置いてある所に陳列されていました。

他のパスタソースの瓶と比べると瓶のサイズと容量も小さいので、パスタソースとは別のカテゴリー(ペースト関係)になっているのかもしれませんね。注意して探してみてください。

今回はこちらの「ペストジェノベーゼ(バジル)」がパスタに合うのか、またパスタ以外の料理へのアレンジレシピを紹介します。

業務スーパー「ペストジェノベーゼ(バジル)」

業務スーパー「ペストジェノベーゼ(バジル)」

イタリア産の香り豊かなフレッシュバジルをふんだんに使用し、2種類のチーズをアクセントにじゃがいもとガーリックをきかせてパスタやピザ、温野菜などによく合う風味豊かなバジルソースに仕上げました。バターと一緒にガーリックトーストにしても美味しい!

引用:業務スーパーHPより

内容量は190gと使いやすいサイズなので、大容量を販売している業務スーパーの商品の中でも購入しやすい商品だと思います。

値段は、2023年5月購入で、315円(税込)でした。

パスタで食べた場合4〜5食は食べることができる容量だと思います。
一食あたり約63~79円でジェノベーゼが楽しめてしまいます。

原材料

こちらのソースはイタリア直輸入商品となっているので、本格的な味わいを期待したいですが、原材料を良く見ると、こちらのジェノベーゼソースに使われているのはオリーブオイルではなく植物油脂が使われていて、松の実のかわりにカシューナッツが使われているようです。

わたしが知っている一般的なレシピのジェノベーゼソースとはちょっと違う材料で作られているので、こういった部分が業務スーパーの安さのポイントになっているのかもしれないですね。
肝心の味にどう影響しているのか気になるところです。

栄養成分

賞味期限は2023年5月購入で、2025年10月6日までです。
2年以上の賞味期限があるのでストックしておくのにも助かります。

常温で陳列されている商品ですが、開封後は要冷蔵なのでご注意ください。
また開封後は賞味期限に関わらず、早めに食べてください。

それでは、瓶の蓋を開けてみます。

蓋を開けると

表面は油でしょうか、緑色の液体が浮いていました。
瓶の口ギリギリまでたっぷりとソースが詰まっています。

スプーンですくうと爽やかなバジルの香りがします

スプーンですくうと爽やかなバジルの香りがします。
バジルのペーストがたっぷり入っているなという印象です!

皿にのせてみました。

皿に乗せてみました

随分と油っぽい感じがします。
このオイリー具合が、パスタや具材と絡みやすく味も馴染みやすくなるんでしょうか。

パスタに和えて食べた感想は

それでは早速、ジェノベーゼパスタにして食べてみたいと思います。
茹でたパスタ100ℊにペストジェノベーゼソースを和えてみます。

茹でたパスタ100ℊにペストジェノベーゼソースを和えてみます

最初、大さじ2杯のソースを和えましたが、なんだか見た目的にも足りなさそうだったので、追加して合計で大さじ3杯を加えてみました。

パスタにしっかり絡めていきます。

ジェノベーゼパスタ

食べた感想としては、ジェノベーゼソースの味がとてもマイルドな印象です。

業務スーパーのジェノベーゼソースは、バジルのほかにチーズやシャガイモも入っているので、まろやかな仕上がりになっていて、塩味もそれほど強くなく食べやすいです。

イタリア料理店や一般的なパスタ屋さんで食べるジェノベーゼと比較すると、じゃがいもが入っている分バジルが弱めに感じるので、クセが少ない味わいかもしれません。
その分、バジル感を強く求める方には、物足りなさを感じてしまうかもしれません。

じゃがいもやカシューナッツなどがソースには含まれていますが、食感に感じる事はなくぺ―スト状となっています。

「マイルドなジェノベーゼソース」という感じがして、とても美味しかったです。

ジェノベーゼソースを使ったパスタ以外のアレンジレシピ

それでは、業務スーパーの「ペストジェノベーゼ(バジル)」を使ったパスタ以外のアレンジレシピを紹介します。パスタ以外にも十分活躍できる応用力の高いソースとなっているので是非お試しください。

トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ風サラダ

トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ風サラダ

モッツァレラチーズとトマトをカットして和えてみたいと思います。

モッツァレラチーズとトマトを食べやすい大きさにカットします。
ジェノベーゼソースを和えて、少しお好みでお塩やブラックペッパーを振ったら完成です。
塩加減はお好みで調整してください。

カットして和えるだけの簡単おつまみの完成です☆

トマトとモッツァレラチーズにバジルペーストが美味しい!
夏にピッタリの一品に仕上がりました。
爽やかな香りのジェノベーゼソースが暑い夏でも食欲をそそります。

きゅうりをプラスしてみたり、モッツァレラチーズのかわりにクリームチーズで作っても美味しいと思います♪

夏のおつまみにピッタリです。
とても簡単ですので、是非お試しください。

じゃがいもとウインナーのバジル炒め

じゃがいもとウインナーのバジル炒め

次に、おかずにもおつまみにもなるように
じゃがいもとウインナーで和えてみたいと思います。

はじめに、じゃがいもとウインナーを食べやすい大きさにカットします。
じゃがいもをレンジで軽くチンしておきます。
(じゃがいも小2〜3個でレンジで5分程度温めてください。)

じゃがいもとウインナーのバジル炒め

フライパンにオリーブオイルをしいて、チンしたじゃがいもを炒めます。
そのあとに、カットしたウインナーも加えて一緒に炒めていきます。

じゃがいもとウインナーのバジル炒め

しゃがいもに火が通って少し焦げ目がついたらフライパンから取り出して、ペストジェノベーゼを加えて軽く和えていきます。最後にブラックペッパーを振ったら出来上がりです。

ジェノベーゼとじゃがいもが合いますね!

ジェノベーゼはじゃがいも、ウインナーとの相性も抜群です。
仕上げのブラックペッパーで、バジルとじゃがいもの優しい味が引き締まります。
美味しくてパクパク食べれてしまいます。

じゃがいもとウインナー料理もバジルが入ることで重くならずにさっぱりと食べれるのがいいですね!
とても簡単に作れますし、おかずにもなりおつまみにもなるので、あと一品なにか欲しいな…というときには便利だと思います。

鱈のバジルソースかけ

鱈のバジルソースかけ

鱈の切り身をオリーブオイルで焼いていきます。

鱈のバジルソースかけ

軽く塩コショウを振ってください。
しっかり火が通ったらお皿に盛り付けて、ジェノベーゼソースをかけたら出来上がりです。

もしソースを冷蔵庫に入れていて冷たい場合には、フライパンでオリーブオイルとソースを軽く火にかけてからかけてください。

ジェノベーゼの爽やかさと鱈の味わいが重なり美味しいです。バジルの香りが良く、美味しさが引き立ちます。
ただ、ソースをつけて食べるだけなのにあっという間に美味しい魚料理になりました。

鱈にジェノベーゼソースをまぶして焼いてみてもいいですね。

お魚が苦手な場合には、代わりにチキンで食べても美味しそうです。
料理のバリエーションも広がり、とても簡単にお洒落な料理が出来てしまいます。

まとめ

作るのに手間のかかるジェノベーゼも業務スーパーで売られているイタリア直輸入のジェノベーゼペーストを使うことで、簡単に美味しく家庭でもジェノベーゼのパスタを食べることが出来ました。

大好きなジェノベーゼがこんなにも簡単に美味しく食べられるのは本当にありがたいです!

簡単でお得なだけじゃなく、バジルの香りが広がり、チーズのマイルドな風味も感じることが出来るバジルソース☆

ソースには、じゃがいもとチーズ、カシューナッツが含まれているので、柔らかいマイルドな味わいがあります。しかしその反面、強めのバジルの風味を好む人には物足りなく感じるところもあるかもしれません。

この風味によりパスタ以外にもいろいろな食品との相性も抜群で、幅広い料理にアレンジが可能です。

このほかにもピザやバゲットに塗って食べたり、お野菜に和えてみたり・・・使い方次第であっという間にイタリアンな美味しいお料理に変化します。

ペースト状になっているので、塗ったり和えたりいろいろな使い方ができるのでとても便利ですね。

業務スーパーのペストジェノベーゼは、購入しやすい190gサイズで売られていますので、まだ試したことがない方は是非、この夏に試してみませんか?

爽やかでこれからの暑い季節にもピッタリ!
夏野菜との相性もいいので、是非、業務スーパーで探してみてください。

コメント


週間アクセスランキング

【100均】セリアの誕生日飾り付けが激かわ!バルーンやガーランドなどオススメ紹介
業務スーパー「アサイーバナナブレンド」は食べやすくてコスパも最高!カロリーやアレンジレシピ紹介
【夢占い】知らない人とセックスする夢など相手・場所別意味25選
コストコ「さくらどり胸肉」価格も質も最高!パッケージそのままで冷凍保存も可能だから大容量でも安心
【2024】焼肉きんぐ「食べ放題ランチ」平日・土日の料金や時間は何時から何時まで?
【焼肉きんぐ】890円と980円の定食ランチはお得?ランチ時間や定食メニュー紹介 米のお替りと肉の量がメニューの決め手
【6選】授業参観の服装のポイントとユニクロで揃える30代40代女性おすすめコーデ
コストコのメルマガが届かない!3つ原因と解決方法を解説
ダイソーのスマホ用三脚&自撮り棒が500円と思えない優秀性能で旅行で使える!Bluetoothリモコンの使い方と撮影画角検証
【11選】ダイソーのお弁当箱が凄い!弁当箱のサイズの選び方やおすすめ弁当箱
タイトルとURLをコピーしました